ポリカーボネート加工で何でも作る

ポリカーボネートは、最近多くの企業で使用されている最も一般的な製造材料です。これは、さまざまな材料の製造に使用できる一種のプラスチックです。特に耐衝撃性と本質的に透明なアイテムで。透明性と耐衝撃性から、熱可塑性プラスチックまたはエンジニアリングプラスチックと呼ばれる一種のプラスチックです。これらのプラスチックは、眼鏡レンズ、医療機器、自動車部品、保護具、温室、デジタルディスク(CD、DVD、Blu-ray)、屋外照明器具など、多くの製品で広く使用されています。

ポリカーボネートの耐熱性と難燃性材料の組み合わせにより、加工製品の製造に携わる多くのビジネスハウスの間で人気が高まっています。ポリカーボネート製造の耐衝撃性は、他の種類のプラスチックと比較してはるかに高くなっています。アルミニウム板金のように、ポリカーボネートの製造は室温で形成することができます。この移行の柔軟性は、多くの企業が他のプラスチック材料よりもポリカーボネートを使用する主な理由です。

特に高い耐衝撃性と透明性が要求される産業では  、ポリカ波板   ポリカーボネートの製造が広く使用されています。ポリカーボネートが他の種類のプラスチックの上に使用されるいくつかのアプリケーションは、プロトタイプモデルの透明な窓、色付きの半透明のプロトタイプ、スポーツ機器のプロトタイプ用の透明なチューブ、LED用のディフューザーとライトパイプ、ウレタンとシリコン鋳造用の透明な型、高さ用の3Dプリントモデルです。 ABSがオプションではなく、機械がガードする場合の熱アプリケーション。これらとは別に、LEDのまぶしさを軽減するためにも着色ポリカーボネートが使用されています。企業のさまざまな目的に使用できるポリカーボネートには、さまざまな種類があります。

さまざまな種類のポリカーボネートシートは、基本的にさまざまなエンティティによって製造されています。製造方式が異なります。異なるエンティティ間のポリカーボネート製造の違いは、それらに含まれるガラス繊維の量とメルトフローの違いにあります。一部のポリカーボネート加工品は、シートを長時間太陽にさらさないように保護する紫外線安定剤などの添加剤で構成されています。食品と接触すると危険な特定の種類のポリカーボネート加工品がありますが、それらは同様に安全で保護的です。

危険なポリカーボネートは一般的に製造業者によって回避されています。クライアントの安全を視野に入れて。大量の製品を製造する場合は、カスタマイズされたポリカーボネート製シートを注文できます。ポリカーボネートを使用した製造は、耐熱性と耐衝撃性の高い製品の製造に携わる多くの企業にとって最も一般的なプロセスになっています。